スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
赤毛のアン


午前の隙間時間を使って久しぶりに図書館へ♪
いつも借りる本は即決のnico☆
借りられる冊数MAXの10冊までどんどんチョイスしていき
あと一冊・・・というところでストップしてもらいました。
今日はどうしても読んでほしい一冊があったので☆

「赤毛のアン」・・・で、村岡花子さん訳のもの^^
今週からはじまった朝ドラのヒロイン☆

タイムリーな本ゆえ、貸し出し中だろうと半ばあきらめていましたが
奇跡的に一冊残っていました♪

常々「このヒト本当ステキだなぁ~☆」と、密かに憧れていた女性たちの
「赤毛のアンが私の原点だった」発言に激しく触発され、
「これはもう、何がなんでも読まねば・・・娘たちが(笑)」と、
慌てて図書館へ向かった次第^_^;

私はというと、
子どもの頃に見ていた日曜夜の「世界名作劇場」くらいしか馴染みがなく^_^;
せっかくなので私も活字でもう一度、
アンの物語を追いかけてみたいと思っています♪

*****

図書館前、こぼれ落ちそうに咲く桜。
春だなぁー。

fc2_2014-04-01_17-46-19-70001.png

ハタ君の歌声で春らしさを倍増してみる♪




スポンサーサイト
【2014/04/01 17:41】 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
親の宿題・・・その後
先日提出した、二分の一成人式を迎える我が子に宛てた手紙☆
当日、参加した親の前で子ども達が封を開けて読む、
という流れだったようですが、
当然仕事などで当日参加できない親御さんもいらっしゃるようで
寂しい思いをする子が出ないよう、事前に子ども達だけで読んじゃおう♪
ということになったようです^^

昨日の夕食時にそのことを知らされ、
「あれ!?もう読んじゃったの??」と、ちょっと恥ずかしくもあり^_^;

「手紙読んでどうだった??」と聞くと
「涙出そうになるの一生懸命ガマンしたけど、最後ら辺はもうガマンできなかった」と。
そして、「あの曲、聴いてみたい」とも。。。よしよし♪(笑)

クラスの他の子も、ほとんどが涙・涙で、顔を真っ赤にして号泣する子もいたとか。
nicoの席近くで泣いていた男の子は、
「nico、お前もこれ読んでみ。絶対泣くから」と、
自分の手紙を読ませてくれたようです。

そこには、生まれつき卵アレルギーで食事に苦労したこと。
それ以上に、いろいろな場面で我慢しなければならなかったお友達に対して
「たくさん我慢させてごめんね。つらかったよね。
 よく頑張ってくれました。こんなに元気に大きくなってくれてありがとう。」
と、綴ってあったそうです。

他にも、表面にお母さん、裏面にお父さんからの手紙が書いてあったり、
まだ上手に字の書けない弟が一生懸命「ねえねだいすき」と書いてくれてたり、
共働きで忙しく、なかなか時間が作れないお母さんが
短い文章ではあるけど、心を込めて書かれたんだろうなーと感じる手紙、

などなど。。。nicoの話を聞きながら号泣!!!!

最後に担任の先生から
「お前たちは幸せだなぁー。先生の頃はこんなイベントなかったぞ!
 一生の宝物にしなさい☆」と♪
ホント、ホント!その通り♪^^

実はあともう一通、nicoに手紙を書いたことがある。
幼稚園を卒園する時、「9年後のあなたへ」というお題で親に出された宿題。

今回よりも思い入れが強く(笑)
何度も下書きしては読み返し、便箋何枚にもしたためた手紙。
いま思い出しても涙が止まらないような内容^_^;

9年後というと、ちょうど15歳。
子どもから大人に、もがきながら成長しているまっただ中。
親子ともに少し距離を感じはじめているかもしれない時。
お互いどう接していいのか迷っているかも知れない時。

親子にとって、とても大切な手紙になるのかなと思うと
その瞬間がとても楽しみです☆





【2014/01/31 10:34】 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
みなとみらい





【2013/12/22 17:42】 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
萌える読書


小学生のころ、「りぼん」派だった私。
なかでも「月の夜 星の朝」っていう作品が好きだったわぁ~☆

・・・てな話しをミニバスママとしてたら、


「あ~☆あれって続編出てるよね♪」


・・・え?!マジで!?


「持ってるけど♪」


ま・・・マジで!?


「貸すけど♪」


いやぁ~ん☆マジで~!?

「マジ」って言葉、こんなに連発したのいつ以来でしょう^_^;

それからしばらく、
どれだけ驚いて(続編でてたこと)
どれだけ運命感じて(たまたま話したママが持ってたこと)
どれだけ嬉しいか(間髪入れずに発せられた「貸すよ」発言に対して)
激しく悶絶しながらのたうちまわり、後日やってきたのが画像の6冊☆

一見、「りぼん」テイストから「オフィスユー」テイストに成長してて(笑)
読み始めは少々とまどうも
(大人になってるー!結婚してるー!・・・と思ったら離婚してるー!!)
2巻終盤あたりからハマりはじめ、
5巻表紙から漂う「りぼん」テイストに懐かしさがこみ上げ、
6巻最後の作者コメントに夜中一人で感動☆

まさかまさか、あのリオとリョウタロウの「その後」が世に出ていたとは☆
懐かしい幼馴染と再会したような、なんともいえない萌える読書でした♪

懐かしぃ~♪^^


【2013/12/17 14:14】 未分類 | トラックバック(-) | コメント(2) |
引率ナウ♪
ミニバスお楽しみ会☆引率中~☆



【2013/12/13 20:08】 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。