スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
理想と現実
まず、この国の現状から(´∀`;●)

震災後、国が引き上げた基準値。

http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html

・・・高すぎ。
乳児の基準が原発排水基準の2倍って(泣)


これからは外部被爆より内部被爆に注意すべきだと
専門家のみなさんが発言しているときに、
内部被爆は外侮被爆の10倍!
このクレイジーな基準のもと、材料を仕入れている学校給食。

しかも、正常な検査すらままならない福島産の野菜を
「市場に流通しているから(=国の基準値内だから)安全です」と、
給食に使用している横浜市(´∀`;●)


で、パパママチームの目指すところが・・・松本市☆ヽ(´∀`*)ノ

コメや牛乳は100%地元産 松本市の給食は「内部被ばくゼロ」

放射性物質が体内に取り込まれる「内部被ばく」から子どもたちを守ろうと、
独自の取り組みを進めているのが長野県松本市だ。
市内にある公立校や保育園、幼稚園の給食に使われる食材を、
「放射性物質ゼロ」に限定しているという。

市長は、チェルノブイリ原発事故後に現地で医療支援を行った経験から、
内部被ばくの恐ろしさについて警鐘を鳴らし続けている人物だ。



この取り組みが起爆剤となって、全国に広まるといいんだけどなー。
スポンサーサイト
【2011/06/08 17:43】 育てる | トラックバック(-) | コメント(0) |
<<今日のランチ♪ | ホーム | がんばろう!パパママ(o´∀`o):.*>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。