スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
親の宿題・・・その後
先日提出した、二分の一成人式を迎える我が子に宛てた手紙☆
当日、参加した親の前で子ども達が封を開けて読む、
という流れだったようですが、
当然仕事などで当日参加できない親御さんもいらっしゃるようで
寂しい思いをする子が出ないよう、事前に子ども達だけで読んじゃおう♪
ということになったようです^^

昨日の夕食時にそのことを知らされ、
「あれ!?もう読んじゃったの??」と、ちょっと恥ずかしくもあり^_^;

「手紙読んでどうだった??」と聞くと
「涙出そうになるの一生懸命ガマンしたけど、最後ら辺はもうガマンできなかった」と。
そして、「あの曲、聴いてみたい」とも。。。よしよし♪(笑)

クラスの他の子も、ほとんどが涙・涙で、顔を真っ赤にして号泣する子もいたとか。
nicoの席近くで泣いていた男の子は、
「nico、お前もこれ読んでみ。絶対泣くから」と、
自分の手紙を読ませてくれたようです。

そこには、生まれつき卵アレルギーで食事に苦労したこと。
それ以上に、いろいろな場面で我慢しなければならなかったお友達に対して
「たくさん我慢させてごめんね。つらかったよね。
 よく頑張ってくれました。こんなに元気に大きくなってくれてありがとう。」
と、綴ってあったそうです。

他にも、表面にお母さん、裏面にお父さんからの手紙が書いてあったり、
まだ上手に字の書けない弟が一生懸命「ねえねだいすき」と書いてくれてたり、
共働きで忙しく、なかなか時間が作れないお母さんが
短い文章ではあるけど、心を込めて書かれたんだろうなーと感じる手紙、

などなど。。。nicoの話を聞きながら号泣!!!!

最後に担任の先生から
「お前たちは幸せだなぁー。先生の頃はこんなイベントなかったぞ!
 一生の宝物にしなさい☆」と♪
ホント、ホント!その通り♪^^

実はあともう一通、nicoに手紙を書いたことがある。
幼稚園を卒園する時、「9年後のあなたへ」というお題で親に出された宿題。

今回よりも思い入れが強く(笑)
何度も下書きしては読み返し、便箋何枚にもしたためた手紙。
いま思い出しても涙が止まらないような内容^_^;

9年後というと、ちょうど15歳。
子どもから大人に、もがきながら成長しているまっただ中。
親子ともに少し距離を感じはじめているかもしれない時。
お互いどう接していいのか迷っているかも知れない時。

親子にとって、とても大切な手紙になるのかなと思うと
その瞬間がとても楽しみです☆





スポンサーサイト
【2014/01/31 10:34】 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
<<気になる本 | ホーム | Salvia>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。